弾いている人が気持ちよくなる|YAMAHAの『トランスアコースティックギター』

弾いている人が気持ちよくなる|YAMAHAの『トランスアコースティックギター』

YAMAHAの最新技術により作られたデジタル技術搭載の『トランスアコースティックギター』は、アンプもスピーカーも使わずにエフェクト音を奏でられるアコースティックギター。面倒な接続や機材の下準備なしに、いつでもどこでも本格的なギター演奏を披露することができます。

出典: YAMAHA.com

弾いている人が気持ちよくなるYAMAHAの『トランスアコースティックギター』

仕組みの秘密

ヤマハ独自の最新技術「TransAcoustic(トランスアコースティック)」と、ギター内部に搭載された可振器「アクチュエーター」が、音響効果のセルフ操作を可能にする仕組みの秘密。ギターの振動によって音を発生させるので、より自然で美しいギター本来のサウンドを楽しむことができます。

気持ちよくなる2つの音色

かけられるエフェクト音は「コーラス」と「リバーブ」の2種類。ボディ側面にデザインされたシンプルなスイッチにより、演奏しながら簡単にON-OFFすることができます。自分の弾く音色にリバーブがかかれば、なんだか上手くなったような気がしてきそうですね。

賢さをデザインしたボディ

3種類のシャープなボディデザイン「LL-TA」「LS-TA」シリーズに加え、今年に入って新発売された「FG-TA」「FS-TA」シリーズもその賢さを物語っています。中でも「LS-TA」と「FS-TA」は、小柄ながらもサウンドバランスに優れているので、繊細なフィンガーピッキングに適しています。

どんな場所もステージになる

この『トランスアコースティックギター』。ステージ演奏はもちろんストリートパフォーマンスにおいても稼働率は非常に高いと言えるでしょう。仲間うちに曲を披露したり、ライブハウスよりも小さめのベニューでの弾き語り演奏など、どんな場所も簡単にステージ化させられるところが大きな魅力です。

【新商品】生ギターの音にエフェクトが。トランスアコースティックギターが、人気のFGシリーズ、FSシリーズから新登場。 https://jp.yamaha.com/products/musical_instruments/guitars_basses/ac_guitars/ta_series/features_fgta_fsta.html#product-tabs

A post shared by Yamaha Guitar Japan (@yamaha_guitar_japan) on

音響効果をセルフ操作できる『トランスアコースティックギター』。ぜひコレクションに取り入れたくなる1本です。

標準価格150,000円(税抜)

ヤマハの製品ページでは、それぞれの音色の違いを確認することができます。

特集カテゴリの最新記事