BASS ON TOP MAGAZINE

ベースオントップの音楽マガジン

スタイリッシュでお洒落なソフトケースを多数展開する注目メーカー”gruvgear”

ギターやベース、機材の運搬にはやはり頑丈なハードケースを使用する方が多いかと思いますが、最近はソフトケースでも丈夫でお洒落な製品が販売されています。今回はその中でも多機能で幅広いラインナップを展開しているメーカー”gruv gear”の製品を紹介していきます。

GRUV GEARさん(@gruvgear)がシェアした投稿

人間工学に基づいたディティールと軽く丈夫なナイロン素材

元々、機材運搬の業務用台車(クレーン)で有名な米国の”gruvgear社ですが、ここ数年は楽器用ケースやバックパックにも着手しており、用途に分けて様々な製品を販売しています。素材は軽く丈夫な”1680Dナイロン”やポリエステルデニールを使用しており、一部の製品には人間工学的デザインを採用し、身体への負担を軽減する作りになっています。

GigBlade2

世界初のサイドキャリーハイブリッドギターバッグ

GRUV GEARさん(@gruvgear)がシェアした投稿

ゴルフのキャリーバックの様なお洒落でスポーティーな雰囲気が漂う”GigBlade2″、中身はしっかり衝撃を吸収しゆったりした作りになっており、オプションの”エクストラフォーム”を購入することでギターのボディとネックをしっかり固定できます。大きめに作られたサイドポケットは最大15インチのラップトップPCを収納することも可能です。

GigBlade Silver

バッグを閉じるときに楽器を自動的に固定する”ネックブレース”を採用

GRUV GEARさん(@gruvgear)がシェアした投稿

GigBlade2より少しスマートな作りの”GigBlade Silver”はギター用とベース用が有り、価格もお手頃になっています。
背負っている時に重心が低くなると、重量の半分のような感じになる構造になっており、”ネックブレース”を採用することでバッグを閉じるときに楽器を自動的に固定することができます。

Club Bag

日常生活から旅行用まで多用途に使えるバックパック

GRUV GEARさん(@gruvgear)がシェアした投稿

シンプルなデザインで様々な収納スペースを配置した”Club Bag”は色んな用途に活用でき、オプションのBentoミニケースを導入することで更に利便性が増します。20リットル容量と程よいサイズなので機内等に持ち運びでき、旅行時にも活躍しそうです。

まとめ

いかがだったでしょうか。
楽器を衝撃や汚れから守るケースにも是非気を使いたい所ではありますが、なかなか資金がそこまで回りませんね。
現在公式HP(米国)では一部の製品をセールしており、今回紹介した製品の他にも多数取り揃えているので、興味のある方は是非覗いてみて下さい。
gruvgear 公式HP:https://gruvgear.com/

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)

Return Top