日本最大級のアカペラの祭典!JAM2016

日本最大級のアカペラの祭典!JAM2016

2016年11月20日、ラソ?ーナ川崎特設広場にて「JAM2016」か?開催されました。

全国の予選を通過した11組による、寒空にもかかわらす?灼熱した熱き熱唱か?繰り広け?られ ました。

Img_4325

BASS ON TOP は JAM2016 のメインスホ?ンサーて?す 

JAM について
「JAM」とは、Japan A cappella Movement の略て?、このイヘ?ントは多くの方々にアカヘ?ラを生て?聴いていたた?き、アカヘ?ラの素晴らしさを伝えるという趣旨のもと、1999 年から開催されております。「アカヘ?ラ」とは、教会音楽のことを指していたものて?すか?、現在は「人の声た?けによる 音楽」というシ?ャンルとして定着しています。主に 4~6名て?構成され、歌唱ハ?ートの他に、楽器やハ?ーカッションなと?伴奏を担当するハ?ートの組み合わせにより、人の声のみとは思えない、濃厚な音楽となっております。

本選出場ハ?ント?の中て?最高の評価を得たハ?ント?には、その年の BOJ(Best Of JAM)として表 彰されます。

JAM2016 公式ウェフ?サイト http://jam-web.com/jam2016/index.html 

JAM2016 本選
音源による一次審査、実演による二次審査を突破した 11 組による本選は、ラソ?ーナ川崎フ?ラサ?内ルーファ広場にて実施されました。こちらは、ショッヒ?ンク?モール内の中庭て?、JR 川 崎駅からの通路て?もあるため通行料も多い広場て?す。広場を囲むように飲食店や専門店か? 入っており、中心にあるステーシ?は広場全体やテラス席からも鑑賞することか?可能て?す。 広場か? 2 階に位置していますか?、 3 階、4 階のテラスにも歌声か?響き渡り、通行人からの鑑 賞者も多かったものと思われます。 

Img_4347

3Fテラス 

Img_4349

4Fテラス

2 回の予選を勝ち進んた?本選出場者。ハ?ンフレット?やインターネットに掲載されているフ? ロフィールを紹介します。

・Vaudeville
https://twitter.com/vaudevilleinspi

大阪大学 inspiritual voices の 3~4 回生により結成

・BLESS

http://bless1.info/

滋賀県を中心とした関西て?活動しているク?ルーフ?

・Tasky5
https://twitter.com/tasky5_scs

早稲田大学 SCS、3 回生男性のハ?ント?

・GAP
https://twitter.com/gap_ov
同志社大学 OneVoices3 回生同期ハ?ント?。童謡を歌っている仲良し 6 人組

・Pyrus

https://twitter.com/pyrus_acappella
中央大学アカヘ?ラサークル Do it your voice 所属の 3,4 年生ハ?ント? 

・Majestic!

https://twitter.com/majestic_tfc

一橋大アカヘ?ラサークル TheFirstCry 所属

・あやねと僕

https://twitter.com/ayaboku_larbre
上智大学 L’arbre de harmonie 所属の 3・4 年生 4 人

・B-RAP♂SHOW 納言

https://twitter.com/b_rap_shownagon

大阪大学アカヘ?ラサークル inspiritual voices 所属

・蝉と、あの子
https://twitter.com/tufs_lines

東京外国語大学アカヘ?ラサークル LINES 所属

・Million Dollar
https://twitter.com/midoru_inspi
大阪大学 inspiritual voices の 2 回生同期ハ?ント?

・Hana 〆 King
https://twitter.com/_hanaking

今日か?月曜日なんて信し?ない 社会人アカヘ?ラハ?ント? 

審査員

本選審査員は JAM2016 フ?ロテ?ューサーの中島怜美さん、放送作家の村松浩介さん、フ?ロの アカヘ?ラハ?ント?として有名な RAG FAIR の奥村正佳さんの 3 名て?す。 

Img_4507

審査員席

本選の様子

本選は、各ハ?ント?か?順番に楽曲を披露し、その中から 3組による決勝か?行われました。ス テーシ?横の受付にてハ?ンフレット?を配布していましたか?、スタッフによると 17 時の段階て? 用意していた 1500 部か?ほほ?なくなる状態、観客は 2500 人ほと?か?鑑賞していました。 


Img_4315

夕方て?カタロク?か?ほほ?ない状態の受付

決勝ステーシ?の出演者を審査する間、過去 JAM出演者なと?10名によるスヘ?シャルステー シ?か?行われ、会場は大いに盛り上か?りを見せていました。 

Img_4399

スヘ?シャルステーシ? 

決勝ステーシ?

11 組の中から決勝に勝ち上か?ったのはこの 3 組て?す。

・Million Dollar

・GAP

・蝉と、あの子 

(1)Million Dollar
最初に登場したのは Million Dollar。大阪大学の男女 3 人す?つ、計 6 人によるハ?ント?て?す。

シ?ャス?の王道、サッチモの愛称て?も知られるルイ・アームストロンク?の名曲 Louis  Armstrong – Go Down Moses なと?洋楽 3 曲を披露。アカヘ?ラとシ?ャス?は親和性か?高いシ?ャンルということを認識させられる、クールかつおしゃれな選曲て?した。 

Img_4453_2

Img_4450

(2)GAP
2番手の GAP は同志社大学 OneVoices3 回生同期ハ?ント?。童謡を歌っている仲良し6人組て?す。楽しめる楽曲、曲間のやりとりなと?か?一連の動作となっており、11分以上途切れるこ とのない、まるて?演劇のようなステーシ?て?した。他のハ?ント?か?「かっこいい楽曲」「美し いハーモニー」の楽曲を使用していることか?多いのて?すか?、 GAP は「とにかく楽しい」と いうコンセフ?トて?あることか?見受けられました。会場となった日曜日のラソ?ーナ川崎は親 子連れか?多く、一緒に童謡を口す?さんて?いる通りすか?りの親子もいました。ショッヒ?ンク? に来た一般の方なと?、幅広くの方に楽しんて?もらっていました。 

Img_4475

Img_4471

(3)蝉と、あの子 

決勝ステーシ?最後は東京外国語大学アカヘ?ラサークル LINES 所属の蝉と、あの子。 透明感のあるホ?ーカルと綺麗なハーモニーか?特徴の男女2人す?つの4人組て?す。多くのハ? ント?か?6 人編成て?あるところ、 2人少ない4人て?すか?、人数の少なさを全く感し?させない 歌唱力と、メンハ?ーの音域か?かなり広めのため、むしろ4人編成て?いい状態になっている、 と感し?ました。1曲目はササ?ンオールスタース?の「蛍」、数分のトークを挟み、 2曲目はエレファントカシマシの、「今宵の月のように」。ハ?ラート?の名曲を上手にアレンシ?していました。 

Img_4501

Img_4502

Img_4517

審査中 ACT
3組の熱唱ののち、今年後 BOJ を審査している間、昨年度 BOJ のたむらまろによるスヘ? シャルステーシ?。全員白の衣装とめか?ね。コスチュームの統一感と、声の伸ひ?はさすか?昨 年度 BOJ という貫禄か?ありました。 

Img_4521

Img_4535

本来はスヘ?シャルステーシ?中に審査か?完了する予定た?ったのて?すか?、今回はかなり悩んた? 模様て?、審査か?長引いていました。素人判断て?すか?、今回の決勝進出した3組は、「洋 楽」「童謡」「 J-POP」とシ?ャンルか?は?らは?らのため審査対象としても難しいはす?。例える なら、牛丼、かつ丼、親子丼の中から一番の丼を選ふ?ような状況て?した。

BOJ 発表
長時間に及ふ?審査の結果、栄えある2016年 BOJ に輝いたのは、「蝉と、あの子」て?す!初出場で全国アカヘ?ラハ?ント?の頂点に輝き、サークルとしても、創部9年目にして初のBOJ輩出となりました。

蝉と、あの子 Twitter @hitonatunosem

Img_4550

Img_4560

「蝉と、あの子」メンハ?ーから BOJ 受賞コメントをいたた?きました。「LINESの名を背負って大きな舞台に立ち、たくさんの人に演奏を聴いていたた?けたこと 、 とても光栄て?した。本番は緊張しましたか?、応援に駆けつけてくれたサークル員の顔を見 て落ち着いて歌うことか?て?きました。ハ?ント?としてのラストイヤーにこのような結果を残 すことか?て?きてとても嬉しいて?す。関係者の皆様本当にありか?とうこ?さ?いました。」 

Img_4605

おめて?とうこ?さ?いました!

Img_4872

記念撮影 

アカヘ?ラフ?ームか?近つ?いている?

音楽というシ?ャンルの中て?は、比較的手軽に始められるアカヘ?ラ。大学のサークルや高校 の部活動として学生や、また社会人の趣味としても始める方か?増えています。重厚なハー モニーや本物と聞き間違えるホ?イスハ?ーカッションなと?、奥は深いシ?ャンルて?す。近年は 海外ク?ルーフ?のヘ?ンタトニックスか?有名て?、邦楽洋楽問わす?様々な楽曲をカハ?ーしている ため、誰もか?一度は聞いたことか?あると思います。BASSONTOPて?はJAM2016のメインスホ?ンサーとしてイヘ?ントをサホ?ートするとともに、JAM 公式の出演者応募者向けのレコーテ?ィンク?フ?ランを用意しております。 http://bassontop.tokyo.jp/a-cappella/rec/

音響のフ?ロか?最良の状態て?テ?モ音源の作成を行います。 

Img_4357

アカヘ?ラ専用スタシ?オもオーフ?ン!

2016 年 12 月 3 日(土)、東京新宿の高田馬場に、アカヘ?ラ専用のリハーサルスタシ?オ、アカペラスタジオBASS ON TOPか?オーフ?ンしました。

http://bassontop.tokyo.jp/a-cappella/

練習はもちろん、テ?モなと?の音源製作や、動画撮影にも対応した複数のスタシ?オか?用意さ れています。フ?ロによるワークショッフ?や、交流の場としてもこ?活用いたた?けます。 来年の BOJ を目指して、皆様のアカヘ?ラスタシ?オこ?利用をお待ちしています。 

11st_20161201_010_2

 

記事:あそう

イベントレポートカテゴリの最新記事