上質なクラシックを聴きながら、お家でカフェ気分にひたれる番組【BASS ON TOP CLASSIC】Vol.4 〜紳士ピアニスト〜

上質なクラシックを聴きながら、お家でカフェ気分にひたれる番組【BASS ON TOP CLASSIC】Vol.4 〜紳士ピアニスト〜

ベースオントップの技術集団による、高音質で高画質の生配信LIVE
上質なクラシックを聴きながら、お家でカフェ気分にひたれる番組【BASS ON TOP CLASSIC】

【BASS ON TOP CLASSIC】Vol.4

50名限定入場。昼夜2公演。
2名の紳士ピアニストによる、神戸でプレミアムな演奏会。
ダイナミックであり、感情表現豊かな音色は必聴。
ライブ配信では、様々な角度から撮影し、彼らのピアノ演奏の素晴らしさをお伝えします。

出演アーティスト

米津 真浩

プロフィール

千葉県立幕張総合高校を経て、東京音楽大学器楽専攻(ピアノ演奏家コース)卒業。
同大学院を首席で修了。
大学、大学院在学中特待奨学生として在学。
2009年度、同大学ティーチングアシスタント。
大学院修了後、異例の若さで母校である東京音楽大学にて非常勤助手として後進の指導に当たり、その後、更なる研鑽を積むため、2013年・2014年度ローム・ミュージックファンデーション奨学生としてイタリアの名門イモラ音楽院へ留学。
2007年 第76回日本音楽コンクールピアノ部門 第2位入賞。岩谷賞(聴衆賞)を受賞。
東京シティ・フィルハーモニック管弦楽団、東京フィルハーモニー
交響楽団、神奈川フィルハーモニー管弦楽団、千葉交響楽団、ニューフィルハーモニーオーケストラ千葉、Gross VogelPhilharmoniker、東京音楽大学ブレイジングオーケストラ 等様々なオーケストラと共演。
仙台クラシックフェスティバル2011年・2012年出演、成田国際空港ロビーコンサート出演。X JAPAN Toshlのライブサポートメンバーも務める。ソロ、室内楽等の演奏活動だけにとどまらず、クラシック音楽の普及をモットーに音源や記事の提供、TV出演、ボランティア活動、後進の指導、青少年文化センターアーティストとして小学生から高校生までを対象とした学校公演を行ったりと、アウトリーチ活動にも積極的に力を注ぐ。
これまでに寺田栄子、高梨淳子、村上隆、弘中孝、LeonidMargariusの各氏に師事。
また、M.ラエカッリオ、P.ネルセシアン、S.ドレンスキー、A.サッツ、M.ベロフ、D.ヨッフェ、B.リグット、V.リャードフ、B.ゲツケ、T.ゼリクマン、B.ペトルシャンスキー、P.ドヴァイヨンといった世界的なピアニスト・教授陣の指導を受ける。
2015年冬より拠点を日本へ戻し本格的に演奏活動を開始。

髙井 玄樹

プロフィール

これまでに、第15回ウィーン国際ピアノコンクール第4 位、第2回パンパシフィック現代音楽コンクール第3位、第13回日本アンサンブルコンクール室内楽部門最高位、第61回ハエン国際ピアノコンクールディプロマ、第8回ロザリオマルシアーノ国際ピアノコンクールセミファイナリストなど、国内外で優秀な成績を収める。
2017年大学内にて藝大クラヴィーア賞を受賞。梅田俊明指揮藝大フィルハーモニア管弦楽団と共演。
ソロ、伴奏、アンサンブル、後進への指導など、多方面で活動する他、とりわけバッハのクラヴィーア作品の研究には力を注いでおり「ゴルトベルク変奏曲」、「フーガの技法」、「平均律クラヴィーア曲集第2巻」全曲演奏など積極的に行っている。
ピアノを、本間由香、吉田スミ、羽田正明、三界晶子の各氏に師事した他、ジャック・ルヴィエ、ダン・タイ・ソン、シャーンドル・ファルヴァイ各氏からレッスンを受講。
埼玉県立芸術総合高等学校音楽科を経て、東京藝術大学音楽学部ピアノ科を卒業。
現在は同大学院音楽研究科修士課程に在籍し、有森博氏の下で研鑽を積んでいる。
2019年度、2020年度、戸部眞紀財団奨学金奨学生。

配信日程

2021年3月6日(土)
昼公演 14:00〜
夜公演 18:00〜

《50名限定入場チケット》KOBE BOTHALLの会場に来て演奏を見る

▼50名限定入場チケット購入
昼公演はこちら
夜公演はこちら

《配信チケット》PC・スマホなどで配信ライブを見る

▼配信チケット購入
昼公演はこちら
夜公演はこちら

※12/15よりチケット販売開始いたします

配信会場

〒650-0022 兵庫県神戸市中央区元町通2-7-3 Yコーストビル3F(受付4F)
KOBE BOTHALL(神戸ビーオーティーホール)

企画運営

株式会社ベースオントップ
https://www.bassontop.co.jp/