ライブハウスでMVを撮影するメリットとは?

ライブハウスでMVを撮影するメリットとは?

バンドマンにとって必須となっているMVやPV。その撮影場所としてライブハウスはとてもコスパが良いため、人気の撮影スタイルとなっています。今回はライブハウスでMVを撮影するメリットなどについてご紹介します。

ライブハウスでMVを撮影するメリット

ライブハウスはもともと音楽を披露する場のため、普段より大きく緊張することなく、普段のままに楽曲を演奏することが可能です。そんなライブハウスでMVを撮影するメリットについて紹介します。

ライティングで映える

ライブハウスといえばパフォーマンスを披露する場所のため照明(ライティング)が特徴的です。鮮やかな照明により出演者を綺麗に際立たせることが可能です。外ロケに比べて天候によりライティングに左右されることがないというのが撮影をしやすいポイントでもあります。

機材などの準備が最小限に抑えられる

もともとライブハウスは楽曲を披露する場所ですので、外ロケのように撮影場所の手配などを考える必要はなく、使用機材に関してもその規模に合わせてある程度用意されるため、準備が最小限に済みます。

比較的料金も安い

ライブハウスでの撮影は値段も比較的お手頃です。例えば弊社ベースオントップでは東京大塚にあるライブハウスDeepaでは、ライブハウスの使用料や撮影代、編集代も込みで99,800円です。(ライブハウスのMV撮影プラン)個人で撮影しようとすると楽器だけでなく、撮影用のカメラなども必要になりますが、その部分も込まれています。

ライブハウスでのMV撮影はコスパが良い!

MVからアーティストの本気度が伝わることでMVを通して音楽性が表現しやすく、信頼性も伝わりやすくなります。その結果、ライブハウスからの出演依頼を受けたり、イベントへの誘いを受けるかもしれませんね。

このようにライブハウスでのMV撮影はとてもコスパが良く、価格を抑えられる上にクオリティーの高い映像を収められます。ライブハウスから名刺代わりとなるMVを制作してみませんか?

特集カテゴリの最新記事