10月28日北堀江club vijon17周年 【松藤ROCK FESTIVAL’19】day2千秋楽「藤」

10月28日北堀江club vijon17周年 【松藤ROCK FESTIVAL’19】day2千秋楽「藤」

10月28日 北堀江club vijon17周年 【松藤ROCK FESTIVAL’19】day2千秋楽「藤」が開催されます。

有名なイベントになぞらえて行われる今のシーンを牽引するバンド達が集められた松藤ROCK FESTIVAL’19!

2日目にして千秋楽という言葉に恥じない、ステージに夢中になれるバンドが集まっている!

um-hum

2019年 大阪で結成された四人組バンド うんうん。

初回のライブに限ってだけ「チャーハン達人(仮)」と名乗っていた。

心地よく、自然体で浸れるようなダウナー系ミュージック。

聴いていたらいつの間にか頷いているum-hum

HP:https://um-hum-official.themedia.jp/

twitter:@um__hum

um-hum (Digital EP)

シンクロニシティ

2012年に結成されたガールズバンド。千葉から都内へ、更に全国でツアーも行い活動範囲を広げていくと同時に少しずつ知名度を上げていきます。メンバーチェンジを重ねながらも現在も精力的に活動中!

HP:https://synchronicity-official.com/
twitter:@synch_officia

【MV】Always/シンクロニシティ

カトキット

2013年、京都にて結成。

バンド名の由来は、(ある状態から)新しい状態へと移り変わってゆく途中の時期、

「過渡期」から。ポップミュージックの持つ不変性と可変性を常に合わせ持つ、

3ピースエレクトロポップバンド。

切なくなるほどにリアルを綴った感情。
卑屈な言葉。
誰もが心の奥底に潜めている”捻くれた自分”を揺さぶり、時に痛く突き刺さり、快感に至る。

HP:https://katokitto.wixsite.com/katokitto

twitter:@katokitto

カトキット「神様のはからい」MV

四丁目のアンナ

2016年、春。

台湾でも上海でもない。
JAPAN、TOKYO、SHINJUKUにて結成。
ポップの中に90年代オルタナティブ要素を含ませたdis子の曲に
堂々たる凜佳のvo.が乗り、縦横無尽に動き回るリズム隊と
突拍子もないが美しいgt.が華を添える科学反応を楽しむ
ハイパー台湾ニーハオジャパンポップバンド。
結成年夏に3曲入りの1stデモ音源の販売を開始し、10月には初自主企画を敢行。
2017年の4月に1stE.P.「GIRL」をリリースし
3ヵ月に渡る初の全国ツアーを成功させ
ツアーファイナルから約2ヵ月後には
関西最大規模のサーキットイベント「MINAMI WHEEL」に
まさかの初エントリーで出演。
12月にはMASH A&R主催の全国規模のコンテスト「MASH FIGHT!」で
1,000組以上に及ぶバンドの中からファイナリストに選出される。
2018年、1月にはファッションブランド「nisai」とのコラボレーション楽曲
「さよなら色彩少女」をリリースし
それに伴ったリリースパーティー「ANNA 2018 AW feat.nisai」は
初のワンマンliveにしてソールドアウトの大成功を収めた。​
​春には日本コロンビアとEggsの共同企画オーディション「半熟オーディション」の
ファイナルまで勝ち上がり新宿Loftでのライブ審査で客席を沸かせた。
4月28日に新代田FEVERで開催された自主企画「Olimpic」も
​大成功を収め、9月30日に渋谷CHELSEA HOTELで第二弾開催が決まっている。
まさに飛ぶ鳥を落とす勢いとはそう、わたしたち
四丁目のアンナのことね。

HP:https://4chomeanna.wixsite.com/4choumenoanna

twitter:@4choumenoanna

Twenty Funclub(MV)/四丁目のアンナ

あいくれ

「ただの娯楽ではない。現実であり、薬であり、芸術である。人間味を帯びた言葉と音が独特な世界を表現している。」

東京都立川市出身。力強くも繊細な歌声とシンプルかつダイナミックな楽器隊が圧倒的な世界観を創造している。独特な比喩表現で紡がれた言葉もまたその色をより濃くする。キャッチーなフレーズを含みながら叙情的な表情も見せるロックバンド。

HP:http://aikure.com/

twitter:@aikure1

あいくれ “グッドバイ” (Official Music Video)

イヌガヨ

大阪府堺市北区在住。

パンク、ハードコア、フォーク、メタル、ソウル、歌謡曲、エモ、オルタナティブロック、などに主に影響を受けたロックンロールバンド。

生活の中から生まれる悲しい気持ちを形にした叙情的な歌詞とメロディ、あとこんぼうでぶん殴るみたいなパワーが魅力です。

HP:https://inugayo.jimdo.com/top/

twitter:@inugayo

イヌガヨ@MIKROCK’15

soratobiwo

恋だとか愛だとか青春だとか。
大人になってもずっとずっと忘れられないことを歌っています。
あればいいな永遠。側にいてくれよな絶対。
映画のスタンドバイミーの続きみたいな5人です。

HP:https://soratobiwo.com

twitter:@soratobiwo

soratobiwo – ガールフレンド –

公演詳細

日程 2019年10月28日

会場 北堀江club vijon

[OPEN/START]
17:30/18:00
[料金]
ADV/DOOR ¥2,500/¥3,000 別途Drink代¥600 イープラス(9/18発売) (2日通し券¥3,500(vijon店内のみで販売中)
会場販売:有 (問)北堀江club vijon 06-6539-7411 info@vijon.jp

大阪ライブイベントカテゴリの最新記事