8月25日新宿ZircoTokyo『Salon du Detéster #15』ZIZ -oneman gig-・ライブレポ

8月25日新宿ZircoTokyo『Salon du Detéster #15』ZIZ -oneman gig-・ライブレポ

8月25日に新宿ZircoTokyoにて、ZIZ(ズィズ)による『Salon du Detéster #15』ZIZ -oneman gig-が開催された。大勢のファンが今か今かとその幕開けを待つ中、照明が落とされると一気に高揚感が高まる。ゆっくりとその幕が開くと、そこから眩しいほどの光がフロアに差し込み、フロアからは大きな歓声が上がった。光を背に受けながら、ボーカル・Köziはその歓声を身体全身で受け止めるように両腕を大きく広げていた。

『Salon du Detéster #15』ZIZ -oneman gig-

1曲目は「CHAOSMOS」。羽ばたいていくような開放、自由を感じさせるような楽曲。後半に向け徐々に音が重なり盛り上がっていくのがまた気持ち良い。フロアからは終始多くの手が上がり各々が楽しむ様子が伺えた。2曲目「FREAKQUENCY」では手拍子が起こったり、あちこちから「フゥー!」という声が上がったりと盛り上がりを見せる。

今回のイベントは当日リリースとなるZIZの新音源『LIQUID STUNT FLAVOR』のリリースワンマンギグであることに触れたかと思えば、「ZIZとしてはラスト音源になると思いますので、ぜひぜひ噛み締めていただいて‥」と冗談を交え、笑いを誘う。そんな温かい雰囲気のまま「電磁男達」へ。楽器陣の演奏力の高さを感じさせられる、激しくも安定感のあるサウンド。Köziはステージを駆け回り、メンバー、ファン共にテンションは最高潮となった。

新譜『LIQUID STUNT FLAVOR』の楽曲を披露!

「瑪瑙ピエロ」「シルクと鉄屑」と続きMCではいよいよ「新曲たちをかましていこうかと思います。」と放つKözi。始まったのはこの日リリースの新音源『LIQUID STUNT FLAVOR』から、1曲目に収録されている「AWaWA」。キメでピタッと無音になったかと思えば流れるような展開を見せたりと、誰もが「かっこいい!」と感じるのではないかと思える楽曲。そのまま「GLITTER WAVER」と続き、更に爽やかなサウンドが沁みる「colors」と新音源からの楽曲が続く。その後メロディアスな雰囲気についつい聴き入ってしまう「FLOAT」、踊れるポップナンバー「GI to DA」が演奏され、新音源に収録されている5曲が連続で披露されることになった。ドラム・CHARGEEEEEE…が「新曲どうでしたかー?」と問いかけると「イェーイ!」という声が上がり、ファンも大満足という様子。今回の新音源『LIQUID STUNT FLAVOR』は前作の『テズルモズルNo5』に続く、メンバー1曲作曲ノルマの第2弾となっている。一貫性がありながらも各楽曲に各メンバーの色が現れており、どんな人が聴いても飽きさせない仕上がりになっていた。ZIZというバンドの実力、音楽センスを世に知らしめる一枚だ。まだまだワンマンギグは続く。

ゲストHitomi&美良政次の登場!

今回はゲストにウミユリとして活動中のHitomi、ヴィジュアル系バンドと平行して演歌歌手デビューも果たした美良政次を招いている。Köziが「ゲストさんを交えた”珍しいZIZ”ということで‥まずはとってもかっこいいイケメンを呼び込んじゃうよ!Hitomi!」とHitomiをステージに招き入れた。HitomiがZIZの「FOXGLOBE」「JEEZ」を熱量たっぷりに歌い上げ、Köziはギターを鳴らしながらフロアを見渡しファン一人一人と向き合っていたのが印象的だった。

続いてもう1人のゲスト、演歌の新星・美良政次が登場。「みーよーし!みーよーし!」という温かい声援が上がった。「DECLINE」「SuperNakedDisko」をKöziとのツインボーカルという形で披露した。特に「SuperNakedDisko」では今日一番の盛り上がりを見せ会場は大きく揺れていた。

エンディング

ゲストステージが終わり再びZIZのステージに。最後「ランドリィ」「LLELVI」と人気曲が披露され、ファンは目一杯ステージに向かって手を伸ばし、大きな手拍子を起こしたり、飛び跳ねたり、ヘッドバンキングをしたりと思う存分この瞬間を楽しんでいた。大盛り上がりのまま幕を下ろしたものの、ファンによるアンコールに応え最後の最後に2曲を披露。約2時間、全21曲にも及んだ今回のワンマンギグ。メンバーにとってもまさに「燃え尽きた」という表現がぴったりだろう。終始アットホームな雰囲気で、ZIZへの愛で溢れていた今回のイベントは、ZIZにとってもファンにとっても実に心地よく気持ちの良い空間だったに違いない。

※次のZIZのステージは9/8、9/9に豊洲PITで行われる『Deep Sanctuary Ⅵ ~MALICE MIZER 25th Anniversary Special~』2days。

セットリスト

1.CHAOSMOS
2.FREAKQUENCY
3.電磁男達
4.瑪瑙ピエロ
5.シルクと鉄屑
6.AWaWA
7.GLITTER WAVER
8.colors
9.FLOAT
10.Gl to DA
11.徴
12.SANITYMAN
13.DOVE
14.FOXGLOBE
15.JEEZ
16.DECLINE
17.Super Naked Disko
18.ランドリィ
19.LLELVI
20.クリスピーキッス
21.SUPERBSAW

ZIZ

ZIZは90年代の音楽シーンを語るに欠かせない「MALICE MIZER」のギタリストKöziが中心となり、JIRO、CHARGEEEEEE…、Sugiya、Yugamiの4人を集め始動したバンド 。今回の公演は5月26日に同じくZircoTokyoで開催された『Salon du Detéster #14』6th Anniversary ZIZ -oneman gig-以来のワンマン公演となる。

ZIZ.official Twitter:@ZIZofficial

ZIZ.official Facebook:https://ja-jp.facebook.com/ziz.jp

ZIZ『LIQUID STUNT FLAVOR』リリースインタビュー

今回ZIZの新譜『LIQUID STUNT FLAVOR』のリリースにあたり、インタビューを行いました!こちらの記事もご覧くださいませ。
ZIZ『LIQUID STUNT FLAVOR』リリースインタビュー

■5月26日のライブの様子

【ライブレポート】ZIZ、6周年を記念したワンマンGIG in 新宿ZircoTokyo

イベントレポートカテゴリの最新記事