アーティストの名刺代わりとなるMVを制作することのメリットとは?

アーティストの名刺代わりとなるMVを制作することのメリットとは?

今回の記事では、アーティストがMV制作することによるメリットについて紹介します。

バンドを始めたらまずMVを撮ろう!

MVはアーティストの楽曲の紹介動画になります。MV(ミュージックビデオ/音楽動画)・PV(プロモーションビデオ/宣伝動画)などと呼ばれ、正確な意味は違いますが音楽業界ではほぼ同義で使われますね。MVやPVはいわばそのアーティストの名刺代わりのようなものになります。特に最近では撮影や動画の編集も技術的に楽になってきたため、インディーズでもMVを持っているアーティストは珍しくないですね。

アーティストは自分達の楽曲を披露する場が必要

昨今ではネット環境が向上し、好みのアーティストが簡単に見つけることのできる時代となりました。音楽ファンであれば、YouTubeのお勧め動画、TwitterなどSNSのタイムライン…など様々な場所でMVが目に入ります。自分達の楽曲をどこかで自然と見聴きしてもらう場を提供するといったことがとても重要になるでしょう。

ネット上では視覚からの情報が重要

ネット上では視覚からの情報に対する影響力はとても大きく、例えばSNSのタイムラインにアーティストの投稿がパッと目に入った時にそのアーティストの魅力も同時に伝わらなければ、目に止めてもらえる機会というのは減り、たとえ実力があったとしてもブレイクするチャンスを逃すことにもなり兼ねません。

MVで音楽だけでなく、世界観も伝えよう

冒頭でも説明しましたが、音楽業界の場合、MV(ミュージックビデオ/音楽動画)をPV(プロモーションビデオ/宣伝動画)とも呼びますが、やはりMVは自分達の楽曲と世界観を知ってもらうためにとても大切なものとなります。

今後、自分たちをどう表現し、どう進んでいきたいのかをアピールするものとして、バンドを始めたらまず、MV制作に取り掛かってみませんか?

MV撮影承ります!

弊社ベースオントップはライブハウスやスタジオでの撮影が可能です。お気軽にお問い合わせください。

特集カテゴリの最新記事