9月2日『9/9じゃないけどクークの日一週間早いけど気にしないでお願いSP!』ライブレポ

9月2日『9/9じゃないけどクークの日一週間早いけど気にしないでお願いSP!』ライブレポ

9月2日、新宿ZircoTokyoにてCuckoo(クーク)による主催イベント『”9/9じゃないけどクークの日” -一週間早いけど気にしないでお願いSP!-』が開催されました。今回メインステージと、オーディエンス側に設けられた弾き語りステージで交互に進められました。

大島健太郎

Cuckoo(クーク)のボーカル兼ギターの大島健太郎による弾き語りステージ。客席側に設けられたステージでギター一本で歌い上げました。優しい歌声が会場に響き渡りました。どこか懐かしくも儚い歌詞でしっとりさせました。

LIFE CORE FACTORY

大島健太郎の弾き語りが終わると同時にメインステージの幕が開き、LIFE CORE FACTORYが登場しました。静かで何かが始まりそうなワクワクさせるSEから始まったのが1曲目『field of escape』とても爽やかでボーカル兼ギターの東秀吉のハイトーンな声が特徴的です。1曲目と2曲目『ORANGE』と続き、MCを挟み『sunday』で会場をしっとりさせました。最後は『Loss of Signal』で締めました。






LIFE CORE FACTORY:セットリスト

1.field of escape
2.ORANGE
3.sunday
4.Adam
5.トレニコ
6.Loss of Signal

HP:http://life-core-factory.wixsite.com/lifecore-official
twitter:@lifecorefactory

NEW CINEMA WORLDEND

本日から『NEW CINEMA WORLDEND』という名義で始めるというNEW CINEMA WORLDEND。しかし相棒のギターが折れてしまったと明かしました。そんな彼は客席側に設けられたステージでギター一本で1曲目『残暑』から夏の切なさを静かに歌い上げました。甘い歌声で『夕暮れ時、二人の影、三番ホームで』、震災の時に作ったという『終末的ラブソング』を歌い上げ、最後の『僕らのイノセンスはまだ消えちゃいない』は力強くメッセージ性が強い歌を伝えました。

NEW CINEMA WORLDEND:セットリスト

1.残暑
2.夕暮れ時、二人の影、三番ホームで
3.終末的ラブソング
4.偏恋愛
5.ドロップス
6.僕らのイノセンスはまだ消えちゃいない

HP:http://newcinemaweekend81.com/
twitter:@mahiru_NCW

CRAWLICK

軽快なエレクトロなSEで登場したCRAWLICK。1曲目『Q&A』、2曲目『Asb.』と続き、ハイトーンなボーカルと中毒性のあるキャッチーなギターのメロディが特徴的で、会場を大きく盛り上げました。MCでは今回のライブのタイトル『9/9じゃないけどクークの日 一週間早いけど気にしないでお願いSP!』について、ドラムのキミカを中心に「9月2日だからやっぱり気になる」と盛り上がりました。



CRAWLICK:セットリスト

1.Q&A
2.Asb.
3.ジュヴナイル
4.黎明
5.ダイヤモンド
HP:https://crawlick.jimdo.com/
twitter:@__CRAWLICK

もとつね番ちょう(NUMBER VOGEL)

NUMBER VOGELのボーカルでもある、もとつね番ちょうがギターでオーディエンス側に設けられたステージで歌い上げました。もとつね番ちょうのとてもキーが高く、澄み切って爽やかで伸びのある声により、1曲目『未来色』から会場の多くの観客の心を掴みました。3曲目の『風になって』は落ちついたバラードで、会場まで声が響き渡りました。前向きなメッセージが込められた最後の『タイムマシン』で締めました。

もとつね番ちょう(NUMBER VOGEL):セットリスト

1.未来色
2.セレクション
3.幼い頃見た夢の続き
4.風になって
5.遠回りの帰り道
6.タイムマシン

twitter:@nv_banchou

tenoto

この日のトリの1つ前は今年5月に始動したばかりの関西を中心に活動する4人のtenoto。オープンニングから『green』で始まり会場を盛り上げ、最後はポップで力強い前向きな歌詞である『melody』で締めました!




tenoto:セットリスト

1.green
2.月夜に澄む君
3.夢を追う人
4.idea
5.怪獣と兵隊
6.melody

twitter:@tenoto_official

Cuckoo(クーク)

今回のイベントの主役であるCuckoo(クーク)。会場の温度は高まっており、『SMASH!!!』から会場を盛り上げ、『オオカミのうた』、独特の世界観とギターの早弾きが特徴的な『シロクマの国』などノリの良い曲ばかりで観客のハートを鷲掴み。最後まで突っ走ったステージでした。





Cuckoo(クーク):セットリスト

1.SMASH!!!
2.オオカミのうた
3.シロクマの国
4.Eutopia
5.グランド・ゼロ
6.Voyager

HP:http://www.cuckooku-ku.com
twitter:@Cuckoo_INFO

今回の9月2日のイベント『9/9じゃないけどクークの日 一週間早いけど気にしないでお願いSP!』。出演者からは日付をいじられることもありましたが、結果的に9月2日であることも気にせず会場が一体となって楽しめたイベントとなりました。

写真:@keshikessina

イベントレポートカテゴリの最新記事