8月3日よりオーディオテクニカ が「SOLID BASS series」Bluetoothスピーカーの2機種を発売

8月3日よりオーディオテクニカ が「SOLID BASS series」Bluetoothスピーカーの2機種を発売

オーディオテクニカは8月3日に「SOLID BASS series」のBluetoothスピーカー「AT-SBS70BT」および「AT-SBS50BT」を発売します。
「SOLID BASS series」では「圧倒的な低域表現」をコンセプトとしたイヤホン、ヘッドホンを展開していますが、「AT-SBS70BT」および「AT-SBS50BT」の2機種はシリーズ初となるワイヤレススピーカーです。
「AT-SBS70BT」「AT-SBS50BT」ともに深くキレのある低域を創出するパッシブラジエーターと、重低音を前方位に拡散するための専用ディフューザーを搭載しています。

「AT-SBS70BT」

スピーカーユニットは53mm径×2、最大出力は8W+8W、Bluetoothのバージョンは5.0となります。対応プロファイルはA2DP、AVRCP、HFP、対応コーディックはaptX、AAC、SBCをサポートし、連続通信は最大約11時間であり、重量は約670gです。

屋内のシーンだけではなく、屋外でも楽しむためのIPX5相当の防水機能も備えているのも特徴です。しかし、完全防水製品ではないため、海水や水中での利用は控えてください。

「AT-SBS50BT」

カラーはブラック、ブルー、レッドの3色となります。

スピーカーユニットが40mm径、最大出力が4W、Bluetoothのバージョンは5.0となります。対応プロファイルはA2DP、AVRCP、HFP、対応コーディックはAAC、SBCをサポートし、連続通信は最大約10時間であり、重量は約285gです。

縦置き、横置きの両方に対応しており、起き方により異なったサウンドを楽しめます。縦置きでは、聴きたい方向に向けてのリスニングが楽しめて、横置きでは広がりのある音を楽しむことができるようになっています。

また、製品発売と同時にリリースされるスマートフォン専用アプリ「Connect」を使うことで各種ガイド機能やカスタマイズ機能を利用することができます。

画像:オーディオテクニカ公式サイトより

 

「SOLID BASS series」好きには必見のワイヤレススピーカーになります。
比較的サイズは小型で持ち運びやすいため、様々な場所で利用できそうですね。

特集カテゴリの最新記事